出産・育児で積極的に利用したい支援制度

出産・育児で積極的に利用したい支援制度


出産・育児に際して様々な手当を貰えますが、入院時の高額医療費などをすぐに立て替えられない人もいるかもしれません。そんな時には、積極的に支援制度を利用しましょう。

高額な出産費用も心配せずに相談を

出産に際して費用が高額になってしまった時には、特定の機関が代わりに支払ってくれる制度があるので活用してみましょう。代表的な制度として「出産育児一時金の直接支払制度」というものがあり、出産前に被保険者等と医療機関が契約を結び、医療機関が出産育児一時金を直接受取るというものです。そうすると医療機関が被保険者等に代わって出産育児一時金の申請をして、医療機関での支払いが高額になっても自分が費用を立て替える必要がなくなります。

出産育児一時金が出るまでの出産費を貸付

出産育児一時金が支給されるまでの間に、医療機関などに支払うお金が必要な場合が出てきた時も、「出産費貸付制度」という制度があるので安心です。ただし出産育児一時金と同額とはいかず、8割の額を限度に資金を貸し付けるというものですが、無利子で貸し付けしてくれるので、助かるご家族も多いのではないでしょうか。利用できるのは被保険者または被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる人です。
かつ出産の予定日まで1ヵ月以内であるか、妊娠4ヵ月以上で出産に関することで一時的な支払いをする必要がある場合に貸し付けされます。

脳性まひの家族を支援する産科医療補償制度

女性にとって出産は色々な意味で一大イベントであり、医療が発達した現代であっても、母体と子供が危険な状態になる可能性もゼロではありません。分娩時の事故などにより子供が重度の「脳性まひ」となった場合、子供自身と家族の経済的負担を補償する、「産科医療補償制度」というものがあります。個人ではなく医療機関等が加入する制度ですが、かかりつけの医療機関が加入しているかどうか、制度対象になるかどうかを確認しておきましょう。

記事まとめ

出産・育児で利用できる支援制度をいくつかご紹介してみました。
利用可能な支援制度があるのか調べるのが難しい場合は、最寄りの自治体で支援内容を尋ねてみてはいかがでしょうか?

Tags: