話題の「出産一時金」ってどんな制度?

話題の「出産一時金」ってどんな制度?


産後や育児中に貰える手当のうちの一つ、出産育児一時金をご存知ですか?出産に際して健康保険から貰えるので、保険加入者ならぜひ申請しておきましょう。

出産育児一時金とは

出産育児一時金とは、子供を産むことで健康保険から貰えるお金です。金額については、妊娠4ヵ月(85日)以上の女性が出産する場合は、子どもひとりにつき40.4万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円)が支給されるようになっています。
健康保険の被保険者及びその被扶養者が出産した際には、全国健康保険協会(協会けんぽ)ヘ申請を行いましょう。

出産費用との差額が貰えます

出産育児一時金と実際の出産費用との差額が発生した時、出産育児一時金の方が多い場合は差額は被保険者等が貰うことができます。自分が医療機関柄で費用を払う必要がない、「出産育児一時金の直接支払制度」を利用すると、医療機関への出産育児一時金の支給が済むと「支給決定通知書」で通知が来ます。
この通知が届く前に申請する方法が「健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書」、通知が届いた後に申請する方法が「健康保険出産育児一時金差額申請書」というものですが、差額が発生するかどうかはまず医療機関に相談してみましょう。

サラリーの約 2/3を補助する、出産手当金とは

出産育児一時金とは別に「出産手当金」というものもあり、こちらも健康保険に加入している被保険者が貰うことができる手当です。1日当たりの支給額は、「一番最初に出産手当金が支給された日より前の、12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×(2/3)」となります。何かとお金が必要になる時期ですので、かなり助かるのではないでしょうか。

記事まとめ

出産や育児はお金がかかるのに、その間は働けないことがあるので、何らかの手当を貰えることはとても助かりますよね。出産育児一時金においては出産に際しての費用を補助するだけではなく、高額な医療費を被保険者が負担せずに一時金から直接払ってくれるといううれしい方法もあります。出産費用の方が安い場合は差額を貰えることもあるので、忘れずに利用しましょう。

Tags: